BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん、新たにアジア旅3,000kmをスタート!!

2017.4.21

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

昨年話題となった『BRUNOが応援する「旅」 〜世界の⾃転⾞旅をサポート〜 若者よ旅に出よ!』企画でヨーロッパ5000kmの旅にチャレンジし、無事完走を果たした20歳の大学生 溝口哲也さん。今回は新たな旅として『香港~タイ・バンコクのアジアツーリング』に旅立ちました。以下では、届いた写真をダイジェストで紹介します。

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

BRUNOが応援する「旅」〜20歳の大学生、溝口哲也さんのアジア旅レポート
http://www.diatechproducts.com/special/bruno_worldtour/report.html

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

旅の直前の3/4〜5に大阪の万博記念公園で開催された自転車のイベント「サイクルモード ライド大阪」でトークショーを行い、たくさんの方と話ができてすごく楽しかった。

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

アドバイザーの山下晃和さん(右)、サイクルスポットの加藤さん(左から2人目)と松田吉弘(右から2人目)さんに見送られ、ほっと一息付くのも束の間、翌朝から香港に向けて出発のため徹夜で旅行準備に取りかかる。

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

香港に到着したらバスとタクシーを使ってホテルへ。香港の夜景を眺めながら愛車を組み立てた。

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

ヨーロッパに引き続き、使用するのはBRUNOの世界旅応援ツーリングモデル「BRUNO 700c Touring Drop World Tour

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

世界有数の人口密度を誇る香港の都市に圧倒された。

高層ビルが建ち並ぶ大都市では、自転車は走りづらいと相場は決まっている。立ち込める排ガスと飛び交うクラクションに翻弄されながら、大陸の地を走り出した。

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

香港からフェリーでマカオへ。国境では言葉に苦労しつつも、想像よりスムーズに香港、マカオ、中国を通過できた。

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

マカオでは廃墟のような住宅が建ち並ぶ。

3月7日/香港→マカオ→中国 珠海

 

 

香港からバンコクまですべての行程を自転車で走るには春休みが短すぎたので、「急ぐ状況」を回避するために5時間ほどバスに揺られて西へと進んでいく。中国では道に迷いながら泥に苦戦した。

3月8日/中国 珠海→湛江

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

いよいよ本格的に走り出す。今まで見たことない風景が先には広がっていた。

3月9日/中国 湛江→北海

 

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

中国の路面はお世辞にもキレイとは言い難く、時には国道でさえ未舗装路になってしまう。BRUNOの自転車は、そんな悪路も難なく走行できるのだけど、唯一の問題はフェンダーに泥が詰まってしまうこと。泥が詰まる度に車輪を外して掻き出している。

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

中国で出会った人たちは皆親切だった。

3月10日/中国 北海→防城港

 

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

中国からベトナムへ、初めての本格的な国境越えだ。国境と行っても小さな川が流れているだけで、一度その川を渡ってしまえば、本当に別の国であることを実感させられる。ベトナム人は中国人よりフレンドリーな人が多い印象だ。

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

ベトナムでも見たことがない地形が広がっている。

3月11日/中国 防城港→ベトナム Móng Cái (モンカイ)

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

日々バンコクに向けて前進しているわけだが、頻繁に野宿していたヨーロッパと違って、毎日ホテルを利用している。理由は安く、治安が悪い地域もあるからだ。宿泊費は一泊1,000円しないことが多い。食費も一日500円くらいで済むことが多いので、金銭的にはかなり気が楽だ。

ところが、油断していたら食中毒にかかり、激しい腹痛と吐き気に襲われた。

工事現場の作業員たちがゆらゆらと蛇行していた私を呼び止めて泊めてくれて、バイクで2人乗りをして疾走したり、共にカラオケを熱唱したりして、楽しい夜を過ごした。

3月12日/ベトナム モンカイ→Tiên Yên(ティエンイェン)

 

BRUNOが応援する「旅」旅人の溝口哲也さん

工事現場の倉庫で10人ほどの作業員と共に夜を越した。タダで泊めてもらい、食事も出してもらっていては申し訳ないなと思い、午前中は皆と一緒に仕事をさせてもらうことにした。

まさか自転車旅の最中にベトナムの工事現場で働くことになるとは…… 思い返すと可笑しくて笑えてくる。彼らとは良い仕事仲間になれた。

3月13日/ベトナム ティエンイェン→Ha Long(ハロン)

 

次なる訪問はベトナムのハノイ。2週目に突入した溝口さんの旅はまだまだ序盤。WEBを通して応援していきましょう!

 

BRUNO 公式ウェブサイト

http://brunobike.jp/

問い合わせ先:ダイアテック
http://www.diatechproducts.com/